40歳からのムフフな恋活をご紹介します。

出会い

スマホゲームをきっかけにロリ系美少女とハメ撮りした話

2018/08/26

今の20代は子供の頃からスマホに慣れ親しんでますから、出会いを作るにもやっぱりスマホが使いこなせる方が断然有利です。

もちろんスマホに詳しくないという体で相手から教えてもらう立場になるのもテクニックの一つですが、私の経験上、この方法ではあまり上手くいった試しはありません。ある程度仲良くなることはできても、なんていうか、明確に歳の差を意識されるようになって壁ができてしまうんですよね。

こちらのサイトで知り合った、現在就活中だという、大学生のSちゃん。色白で透明感のある肌が魅力で、ややロリっぽい女の子でした。服の上からでも結構、おっぱいが大きいのが分かります。童顔であることを本人は気にしていましたが、童顔巨乳は大好物です。ありがとうございます。

そんなSちゃんとはスマホゲームの「すみすみ」で話が盛り上がりました。他にも「キャンディークラッシュ」とかやってるスマホゲームが被っていたので、話がはずみました。あのステージ難しいよね!とか、日付を変えると無限にできるとか、ゲームをやってる同士だからこそできる話しで盛り上がりました。

やっぱりメッセージのやりとりをする中で、共通の趣味とか、価値観を共有できるとぐっと距離感を縮めることができます。そのため、実際に会えるようになるまで、話が早くできます。

まずは出会いを探してみる

マッチングサイトでメッセージのやり取りはできてもなかなか会うところまでいけないという人は、まずは相手と話が盛り上がる状態を探っていくところでつまずいてるのではないでしょうか。

Sちゃんとはスマホゲームだけでなく他にもスマホ全般、LINEやInstagram、格安SIMの話までしましたが、やはり若い子と話をするにはスマホ関係に詳しいととても話しやすいです。おかげでLINEの交換もスムーズにできましたよ!

何気にLINEのQRコード表示の仕方がわからず戸惑いましたが、そのくらいは相手に任せても全然オッケーでした。

あとスマホって画面が小さい分、覗き込もうとしてお互いの体が自然と近づくんですよね。そんなこんなでスマホをきっかけに体の接触が自然にできます。 Sちゃんとスマホの話をする時も自然と手が触れたり、体の距離間だけでなく心の距離感を縮めることができました。

ある程度、距離感を縮めることができればこっちのもの。このままホテル行く?と誘うのも距離が近づいている状態ならあからさまな拒否はされないのです。仮に拒否されたとしても、冗談めかして流してしまえばそれでオッケー、その後も何度か試すことが可能です。実際、明確な拒否をしない時は大体オッケーなんですけどね。

Sちゃんの時もスマホの話が盛り上がったおかげで難なくホテルへと連れて込むことができました。スマホつながりでホテルで写真を撮って、ほらほらちょっともの欲しそうな顔してる~とか。すごいエロい表情してるよとか話してるうちに、じょじょにエロい方向に持っていきました。

せっかくなのでそのままハメ撮りもしちゃいました。ハメ撮りしながら撮った写真や動画をつど見せながら「ほらほら、すごいエッチな格好してるよ」とか言うと「ヤダー」とか笑いながらも恥ずかしがってくれるので、それがまた興奮します。

口でサービスしてもらってる時も動画に収めてみましたが、さすがに恥ずかしそうにしていました。それでも熱心に口でのサービスを続けるうちに、どんどん口の動きが濃厚になっていき、更にギンギンになってしまいます。とろーりとした口技でたっぷりとサービスしてくれてすごく気持ちよかったです。これもハメ撮り効果かもしれません。Sちゃんもハメ撮りするうちにどんどん興奮していくのがよくわかりました。

そのまま、ちょっとした撮影会も試してみました。M字に足を開いてもらって全開のアソコを丸見えにした状態で写真を撮ったり、そのまま一人でオナニーしてもらう様子を撮影したり、色んなシチュエーションを試してお互い楽しみました。なかなか新しい体験でした。

さすがにデータはその場で消す約束をしてましたが、後でゴミ箱からお気に入りのものだけ復元しておきました。たまに見返してはその時の興奮が思い出されて、股間がムズムズします笑

ロリ顔の美少女と出会いたい

-出会い
-,